『バナナ』
(1) 日本は世界トップの長寿国です。新型コロナウイルスによる死者の数も少ないと言われています。 何故でしょうか。
味噌・醤油・納豆・漬物など発酵食品を摂取しているからだと言われています。

(2) 2020年9月1日現在、日本では100歳以上の長寿者が8万450人。しかし、その80%以上が認知症や寝たきりの人です。
平均寿命は長いのですが、健康寿命は男性が72.14歳、女性が74.79歳ですから、それほど長くはありません。 何故でしょうか。
塩分過多により、脳卒中や骨粗鬆症などを発症する人が多いからだと言われています。

(3) ところが、日本人並みに塩分を取っているにもかかわらず、健康寿命の長い国があります。黒海とカスピ海に挟まれたコーカサスと呼ばれる地域ですが、何故でしょうか。
野菜や果物をたくさん食べてカリウムを摂取することによって、塩の影響を抑えているからだと言われています。

(4) 当時98歳になる中曽根元総理について、元参議院議員の村上正邦氏が「官邸の執務室の机の引き出しやカバンの中にバナナを忍ばせて、いつもバナナを食べていた」と語っています。 何故でしょうか。
バナナは果物の中でもカリウムが豊富です。元総理もそれを知っていたのでしょう。「毎日バナナを1本以上食べて、食べ過ぎないようにしている。それから栄養の要素を考えて、食べている。腹をすかせることが多い。それが健康のもとだよ」と村上氏に答えたとか。

因みに、私も数年前の心筋梗塞の発症以来、毎日バナナを食べています。
⭐ 塩分過多の4つのサイン
① 異常に喉が渇く。
② むくみや膨満感が酷い。
③ 頭痛がする。
④ 味がしなくなる。