イミシン
ある日、ジュリアが起きるとベッドに夫がいませんでした。ここ数ヶ月、調子が悪かった夫のことを考えてジュリアは少し心配になりました。 とりあえず起きようと、ベッドから立ち上がって背伸びをしたジュリアは、サイドテーブルに封筒を見つけます。それは彼女へ宛てた、夫からの手紙でした。ジュリアはその手紙を読んでから、しばらく涙が止まりませんでした。

「愛するジュリアへ、

明日、君の横で起きる男が僕でなくなってしまったときのために、