歯科医がなくなる?抗菌プラスチックの歯をインプラントする未来

NAVERまとめ

歯ブラシでは60%、デンタルフロスでは20%の汚れを落とすことができます。虫歯の90%は歯と歯の間から出来てしまうことを考えると、歯と歯の間の汚れを落とすこの20%には、それ以上の効果があることがわかります。

「自分は生まれつき歯が弱いから虫歯になりやすい」と言われるかたがありますが、実は「虫歯になり易い、なりにくい」はは「歯の強さ」だけの問題ではなく、「お口の中の環境」も大きく影響する

歯磨きはもう必要ない!?3Dプリンターの発達で最強の歯が誕生!

近い未来、永遠に虫歯とは無縁の“歯”が現実のものとなるかもしれない。しかもそれは、3Dプリンタであっという間に作成可能だという。

3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”だ

歯に触れただけで 虫歯菌が99%死滅

人類にとって夢のような歯の実現、その裏には口腔内のバクテリアを99%殺菌できる抗菌プラスチックの開発があった。

オランダ、フローニンゲン大学のAndreas Herrmann博士は、高分子化学と生物工学の専門家。同校の歯科矯正部門のリーダーYijin Ren氏らと共に研究開発した

抗菌剤や防腐剤を投入!だから99%の虫歯菌が死滅

歯科用樹脂ポリマーの内部に、除菌・殺菌成分として抗菌剤や防腐剤にも使われる、第四級アンモニウム塩を埋め込んであるのだ。この素材に触れるだけで、バクテリアはほぼ死滅する

抗菌特性を調査する試験では、複数人の唾液を混ぜた中にサンプルを入れ、虫歯の原因菌のひとつミュータンス菌の活動を調べたところ、99%を死滅させることにも成功した。

人の細胞には無害!虫歯菌にだけ効くすぐれもの!

口の中に入れるモノだけに、人に使っても大丈夫かと不安になりますが…!
なんと、無害なので小さい子供でも大丈夫

このプラスチックは、細菌を一瞬にして殺すことができるが、ヒトの細胞には無害

第四級アンモニウム塩が埋め込まれた歯科用樹脂ポリマーに触れると、虫歯菌が99%死滅するそうです。ちなみに、こういうものを口腔内に入れて大丈夫か?とも思いますが、人間の細胞には影響を与えないとのこと。

現在はまだ開発途中!でも近い未来には誰でも使えるようになる

今のところ、研磨剤が含まれる歯磨き粉との耐久性や互換性をテストする段階であるといい、「実用化するには、臨床実験を重ねる必要性がある」とHerrmann博士は話しています。

この研究で歯科用樹脂の安全性が証明できれば、子どもの玩具や食品包装バッグなどへの応用も十分に考えられると「International Business Times」は、高い汎用性に期待を寄せる。

3Dプリンターで作るからコストも抑えられる!

抗菌ポリマーの材料は容易に入手が可能とのことで、製造にあたってのコストについても、インプラントと比較してかなり安価に抑えることができるとされています。

3Dプリンターの普及により期待されているのが製造の効率化とコストダウンです。自社で試作品を内製することにより開発のスピードが早まるだけでなく、外注のコストカットを実現できます。

3Dプリンターを使って自分で歯の矯正に成功!

自分で作るとはすごすぎる!さらにコストカット!続きは以下からどうぞ!

NAVERまとめ

また、歯の再生医療によって、自分の歯をインプラントすることも可能になるとのこと。

EPARK歯科

iPS細胞など、再生医療は世界でも注目される医療分野の一つです。小さな細胞から身体の一部を作り出してしまう再生医療は、本当に不思議で神秘的なものを秘めていますよね。歯の健康に関しても同じく、歯の再生医療に注目が集まっています。
年をとっても健康な歯を保ち続けたいという方は、今から再生医療の情報についてチェックしてみるのもいいかもしれませんね。今はインプラントなどが最新の歯科治療として知られていますが、実はもう、自分の歯を他の細胞から培養して、インプラントにできる時代となっています。そんなインプラントの魅力を探っていきます。

1.歯の再生治療とは?その方法と治療費

1-1 歯周組織再生療法

歯周病の人に適用される再生治療の方法です。歯周組織再生療法は、歯周病が進行し、歯の根を覆っている歯槽骨という組織が溶けてしまった場合に行う再生療法です。歯自身は抜けたり溶けたりしてしまってもインプラントなどで再生することができますが、歯槽骨は歯を支える要となる顎骨のことで、土台となる大切な部分なため、溶けてなくなってしまえばインプラントなどの治療もできなくなります。そのため、歯周組織再生療法は、インプラント治療をしていく上でも重要な治療となります。

・GTR法

GTR法は、歯槽骨などが広い範囲で溶けてしまった際などに使います。特殊な膜を患部にあてることで、骨を再生するのです。この膜は吸収性のため、除去手術などは行わずに治療できます。このGTR法の費用は5〜10万円程度ですが、場合によっては保険適用となることもあります。

・エムドゲイン法

骨が溶けた範囲が比較的狭いのであれば、このエムドゲイン法をとります。このエムドゲイン法は、特殊なゲルを使って骨を再生させる方法です。このゲルの含有成分はたんぱく質で、子供の歯が生える際に必要となる栄養素と同じものです。エムドゲイン法の費用は5〜15万円と少し幅が広がりますが、こちらもゲルなので除去手術は必要なく、身体への負担も少なくて済みます。

1-2 自家歯牙移植

親知らずや乳歯など、誰もが一度は自分の歯を抜いた(取れた)経験があると思います。この自家歯牙移植は、以前抜いた自分の歯を使って移植する方法です。自分の歯ですので自然に自分の口の中に馴染みやすく、拒絶反応などの心配もほとんどないのがメリットです。ティースバンク(親知らずなど抜いた歯を冷凍保存しておく機関)に自分の歯を保管しておくなどしていれば、そこから取り出して自家歯牙移植を行うこともできます。
自家歯牙移植は、誰でも可能なわけではありません。自家歯牙移植が可能なケースには、以下の条件が挙げられます。

  • 親知らずなどの噛み合わせに必要ない歯がある
  • 虫歯や歯周病などがなく、歯が健康な状態である
  • 移植する親知らずなどの歯の形がシンプルで移植しやすい
  • 移植先の顎の骨が健康である

上記の条件の他に、年齢的には30代くらいまでの人の方が成功率が高いという特徴があります。もちろん、40代以降でも移植できないわけではないので、まずは歯医者さんに相談しましょう。また、抜歯してから日が経っていない、もしくは抜く前の状態で歯医者さんに相談することが大切です。親知らずの抜歯の予定があるなら、なるべく同時に歯牙移植手術の相談もしておいたほうがいいでしょう。
自家歯牙移植の費用は、自由診療で約10万円ほどかかります。保険の適用を受けるには、親知らずか埋伏歯であることと、移植先に歯が完全になくなっていないことが条件となるため、事前の確認が必要となります。また、大掛かりな手術となるため、設備の整った医院での治療をおすすめします。

歯医者

1-3 インプラントなどの人工歯を使う方法

自家歯牙移植のように自分の歯を使って移植することもありますが、自分の歯を大事に取ってあるという人は多くないもの。そこで、人工の歯を使う手術を行う人が増えています。こちらも、自分の歯を再生する有力な方法です。

・インプラント

インプラントは、人工の歯を自分の歯茎に埋め込むという方法です。昔は入れ歯や差し歯などが一般的でしたが、見た目が自然なことや手入れのしやすさなどから、最近ではインプラントの施術を受ける人が増えています。
インプラントの人工歯はチタン製のスクリュー(ねじのようなもの)がついていますが、こちらは拒絶反応が出にくい人体に親和性のある素材を使用しているので、健康な人であれば基本的にはほとんどの人が施術を受けられます。入れ歯のように隙間にものが挟まることが少なくしっかりとものが噛め、自分の歯のように見た目も自然です。
入れ歯や差し歯はブリッジを渡すのに健康な歯を削って調整をしますが、インプラントは健康な歯を削る必要がなく、インプラントにしたいその歯だけにしか手を加えません。無駄に歯を削ることがなく、通常の歯と同じように、特別なケアがほとんど必要ないのも人気の理由です。
ただし、インプラントは費用が高額なのがデメリット。歯1本が30〜50万円するなど、広い範囲に施すには多額の治療費がかかります。

・入れ歯

入れ歯は大きな手術をする必要がなく、多くの方に適した方法です。深刻な医療事故が起こるリスクもなく、安心して受けられます。高齢の方や持病があって外科手術を避けなければならない方におすすめの施術です。
ただし、しっかりと固定されなければ食べ物が噛みにくく、外れてしまうなどのトラブルも多々起きます。入れ歯が口の中になじまず、異物感があるなど、デメリットも把握しておきましょう。
ただし、費用は1万円前後で作ることができるので、経済的なメリットは大きいです。保険が効き、メンテナンスも比較的楽ですので、自分の口に合った良い入れ歯さえ手に入れば十分にメリットを感じられるでしょう。

・ブリッジ

ブリッジは一部の歯だけが抜けてしまった場合に利用されます。ちょうど残っている歯に作り物の歯を固定させて、橋をかけるように補うため、ブリッジと呼ぶようです。
ブリッジは手術がないため、早ければ2回程度の通院で治療が終わることがあり、短期間の治療で済ませられるのが大きなメリットです。
ただし、ブリッジの場合は残っている健康な歯に負担をかけ、削って調整することも必要になります。
保険適用となれば1〜2万円程度で済みますが、保険適用外になれば50万円前後してしまうので、状況によってはインプラントを選ぶことも検討してください。続きは以下からご覧ください。

EPARK歯科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です